毎日ネタを書く

毎日ネタを書く

ども、KeNです。

アフィリエイトにしろ、情報発信にしろ、その発信者となる人たちは、情報を受信する人たちに何かしらのメッセージを伝えていく必要がありますよね。

最近は動画や音声などのプロモーションが増えてきて、それが一般化されているように思うんですが、といってもまだ文字、活字によってのコミュニケーションがほとんどです。

 
特にインターネット上でのコミュニケーションのほとんどは、今こうして書いている文字(文章)によって行われています。

 
例えばTwitterなんて典型的な例で、「140文字」っていう制限はありますけど、その限られた文字数でコミュニケーションをしています。

Facebookも写真は添付されてたりしますが、それでもやっぱり文字でのコミュニケーションがメインです。

で、今こうして僕が書いている記事も1つの単語が組み合わされて、それが文章になってストーリーになって、この記事を読んでくれた人に何かしらのメッセージを伝えているわけです。

 
と、なれば。

そうであるならば、僕たち情報発信者はその伝えたいメッセージを的確に、そして読者にはっきりと伝えていかなければなりませんよね。

 
文章で人を動かす。

これをコピーライティングと言いますが、このメッセージを伝え、読者に影響を与え、最終的には行動を促すために、これからアフィリエイトや、情報発信を始める人は絶対に!このスキルを学ぶ必要があります。

 
「僕は長い文章なんて書けません。苦手です」

と言っている人がいますが、はっきりいって、特にインターネット上でビジネスを展開していくのなら、

 
「コピーライティングのスキルを磨かなければ、あなたは何もなし得ることはできない」

これぐらい重要で、絶対に必要なことなんですね。

 

てなわけで、これからこのスキルを飛躍的に向上させる方法を話していこうと思っているんですが・・

 
まぁそんなに焦らないでください。

鼻息が僕にまでかかってきてしまいますから、ひとまず深呼吸をしてから読み進めてください。

 

少し話は変わりますが、といってもガッツリと今回の話に直結する部分なので、聞いてほしいんですが、

つい先日。

何の気なしにテレビを見ていたところ、ある芸人さんが出演されていました。

 
その芸人さんというのが、みなさんご存知の赤い上下のスーツに身を包み、髪の毛が金髪でオールバック風のあの方です。

はい。そうです。

メイプル超合金の「カズレーザー」さんです。

 
で、なんでそんな赤い服で金髪の芸人さんの話をするのか?ってことなんですが、なんと!この芸人さんが先ほどのコピーライティングのスキルを向上させる方法の、その答えとなることを言っていたからです。

僕は芸人という職業を密かにリスペクトしているんですが、といっても別に芸人になりたいとか、そんな話ではなく、「生き方」「考え方」などを勝手にリスペクトしています。

 
例えば、普段僕たちが何気なく見ているバラエティ番組で芸人さんが披露する、すべらない話的なネタも、1つのエピソードを何度も何度もブラッシュアップして、作り上げているところなども、その1つです。

これは情報発信ビジネスに置き換えてみれば、1つのコンテンツをいろんな角度から見ることによって、

「もっとこうできないかな?」
「こうすればもっと良くなるんじゃないかな?」

なんて考えながら、あれこれ施策をしているようなものです。

 
「それのどこがすごいんだよう!!」

と、ラップ調に思われるかもしれませんが、もしそう思われたなら1つ自分に問いかけてみてほしいんですが、

 
今まで過去含め、自分が打ち出したコンテンツ、または主張について、再度疑問を投げかけたことがありますか?

ってことです。

 
おそらく、おそらく多くの人はこの質問に対してイエスとは答えないと思うんですね。

「あのときの全力は出せてたから・・」
「別にそれでも商品は売れてるから・・」

みたいな感じで、思っている人が実はけっこう多いんじゃないかなって思います。

 
いや、もちろんそれが悪いとかそういう話ではないんですが、世の真理というか、1つの主張を打ち立てたからそれでいいというわけじゃなく、その主張すらも再度疑問視して、もう一度ふるいにかける姿勢があるのか?ないのか?ってことです。

 
芸人さん的なマインドでいえば、仮にその面白エピソードがウケたとしても、そこがゴールではないと思うんですよ。

ネタがウケた、という事実を踏まえてその上でさらに、次なる高みを求めていく気持ち、というより姿勢ですね。

これがビジネスやる上でも大事なんじゃないかなーって僕は思います。

 
お客さんに商品を提供した、満足してもらえた、よかった。

じゃなくて、それなりに満足はしてもらえた、じゃもっと満足してもらうためには何が必要だろうか?とか、そういった部分ですね。

商品作った、売れた、やったー!ていうのも確かにハッピーなことで、その上で満足してもらえたなら尚良いことなんですが、それだけで本当にいいの?っていう。

もっと商品の質を上げるとか、発信力を上げるとか、顧客満足度を上げるとか、今ならもっとできるんじゃない?っていう。

だから、常に面白いものをより面白くしたい!っていう芸人さんの考え方とか、姿勢、もっといえば生き方みたいなものに僕はリスペクトの気持ちが生まれるんですね。

と、少し芸人談義に勝手に華が咲いてしまいましたが、この姿勢は見習いたいです。

 

で、話を戻します。

 
コピーライティングのスキルを向上させるための答えということで、カズレーザーさんの話になりますが、あるテレビでこう言っていました。

 

「ネタは毎日書いています。書かない日はありません。ネタ帳があるんですが、テレビや劇場でも披露していないネタが数千個はありますね。」

 

これが僕の思うコピーライティングのスキルを向上させて、読者やファンにちゃんとメッセージを伝えて、なおかつ行動してもらうために必要なことの答えです。

まだよくわからないかもしれませんが、これはつまり何なのかというと、一言ですが、

「毎日コピー(文章)を書け」

ってことになります。(そのままですが)

 
たまたまその日だけ書いた文章が爆発的に読者の気を惹きつけて、なおかつアクションを起こすほどのカンフル剤になるとは、僕は到底思えないんですね。

書くためのアンテナを日常的に張っておいて、そのアンテナで受信したものを毎日書いていれば、そりゃ文章は上手くなると思いませんか?

有名な画家で「ピカソ」って人がいますが、対して絵に興味がない人でも、名前ぐらいは聞いたことがあるようなレベルに有名な人です。

数々の有名作品を残したあのピカソでさえも、実は世に出回っているのはごくごく一部で、未公開というか秘蔵映像というか、そのほとんどは知られていないのです。

 
これはつまり何が言いたいかって、ピカソほどの天才と呼ばれる人でも、日々作品を生み出し、その中でもごく一部が人の記憶に残っていくってこと。

となれば、僕たち凡人はそれ以上に毎日の鍛錬を怠ってはいけないわけですね。(僕たちって一緒にするなよ!ってクレームは受け付けません)

 
付け焼き刃のものじゃなくて、まさに手に職をつけるじゃないですけど、たまたままぐれでいいレターが書けたとか、いい記事書けたーって歓喜せずに、その精度を上げていって毎回提供できるぐらいを目指してほしいんです。

じゃそのために毎日コピーを書くことを習慣にすることが一番手っ取り早くて、一見遠回りだろ!とか、ノウハウだけ教えろよ!みたいに思う人がいますが、それじゃ何の解決にもならないし、スキルも身についてないし、で散々です。

どうせやるんなら、長期的に資産となるようなことに、貴重な時間を使いたいじゃないですか。

貴重な時間の積み重ねが、今の僕たちを形成しているわけなんで、じゃそこから一段上、二段上を目指すなら、その貴重な時間の使い方を変えるしかないです。

 
そんなこんなで、だいぶとっ散らかった話となりましたが、今回のまとめをすると、

 

1、アフィリエイト然り情報ビジネス然り、ネット上のコミュニケーションは文章で成り立っている
2、何よりもコピーライティングを学ぶ必要があり、そのスキルがなければ、ネットビジネスでは大きな痛手になる
3、コピーライティングスキルを向上させる方法は、毎日書くこと←(※これ以上ない)

 

もしかしたらライティングのスキルを向上させる方法論が聞きたくて、ここまで読んでくれた人もいるかもしれませんが、はっきりいって僕はそんな方法知りません。

イチローが野球を始めたときに、絶対にホームランやヒットを量産する方法を知っていたとは、僕は思いません。

それでも毎日、そのゴールをブレることなく持ち続けて日々練習したからこそ、今の成績があって、ポジションがあってだと思うんですよ。

地味な作業だし、毎日なんてハードル高いと思ってしまうかもしれませんが、本当にやりたいことならきっとできるはずです。

 
僕の文章がどれだけの人を動かすことができるのか?なんて、ちょっとおこがましいかもしれないけど、中には褒めてくれる人もいるし、今後の指針となりました!みたいに言ってくれる人もいます。

そんなこと言われたら、単純に嬉しいじゃないですか。

だから僕はもっと伝えたいことを、ちゃんと伝わるようにライティングの勉強をしているんですね。

 

ってなわけで、今回はアフィリエイトや情報発信にフォーカスして、その中でもコピーライティングにフォーカスして話しましたが、これは何かを始めるとき、何かを成し遂げようと思ったときの必須事項です。

カズレーザーさんや他の芸人さんを見習って、笑いに貪欲に!なる必要は今のところないかもしれませんが、コピーライティングやビジネスについては貪欲になってほしいなーと、そう思います。

 
そして、コピーなら毎日書くこと。

それが例え他人にお見せできないとしても、毎日書く練習をしているとか、毎日素振りの練習をしているとか、毎日ビジネスモデルの研究をしているとか、そんなのでいいと思うんですよ。

 
とにかく、これから何かゴールがあって、そのゴールに向かっていきたいなら、まずはやれ!

そして、他人には真似できないレベルでやってみろ!ってことですね。

 
なんだか、最後の方で説教臭くなりましたけど、何か参考になれば幸いです。

 

では、今日はこの辺で。

 
ありがとうございました。